福島ユニットセンターから発表した学術成果

福島ユニットセンター関係者が執筆した学術論文等をご紹介します。
タイトル(和訳)をクリックしていただくと、論文の概要をご覧いただけます。

エコチル調査全体の成果発表はこちらからご覧ください。

環境省HP成果発表一覧(外部リンク)

全国データを用いた論文

  1. 14子宮筋腫を有する妊婦における早産について
    原題:Preterm Deliveries in Women with Uterine Myomas: The Japan Environment and Children’s Study
    著者:Murata, T., et al.
    掲載情報:International Journal of Environmental Research and Public Health. 2021 Feb 24;18(5):2246.
  2. 13母体妊娠前BMIと胎児アシドーシスの関連
    原題:Maternal pre-pregnancy body mass index and foetal acidosis in vaginal and caesarean deliveries: The
    Japan Environment and Children’s Study

    著者:Murata, T., et al.
    掲載情報:Scientific Reports. 2021 Feb 23;11(1):4350.
  3. 12妊娠中の体重増加と産後うつリスクとの関連
    原題:Gestational weight gain and risk factors for postpartum depression symptoms from the Japan
    Environment and Children’s Study: a prospective cohort study

    著者:Yamaguchi, A, et al.
    掲載情報:Journal of Affective disorder. 2021 Mar 15;283:223-228.
  4. 11妊娠前ナトリウム摂取と妊娠高血圧症候群の関連について
    原題:Impact of preconception sodium intake on hypertensive disorders of pregnancy: The Japan Environment and Children’s Study
    著者:Kyozuka, H., et al.
    掲載情報:Pregnancy Hypertension. 2020 Nov 25;23:66-72.
  5. 10妊娠中の体重増加と胎児アシドーシスの関連
    原題:Gestational weight gain and foetal acidosis in vaginal and caesarean deliveries: The Japan Environment and Children’s Study
    著者:Murata, T., et al.
    掲載情報:Scientific Reports. 2020 Nov 23;10(1):20389.
  6. 9妊娠中の向炎症食と分娩時胎児アシドーシスの関連について エコチル調査
    原題:Dietary Inflammatory Index During Pregnancy and the Risk of Intrapartum Fetal Asphyxia: The Japan Environment and
    Children’s Study

    著者:Kyozuka, H., et al.
    掲載情報:Nutrients. 2020 Nov 13;12(11):3482.
  7. 8東日本大震災後の福島における母親の妊娠期から産後までのボンディングとメンタルヘルスの関連:子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)
    原題:Antenatal and postnatal association of maternal bonding and mental health in Fukushima after the Great East Japan Earthquake
    of 2011:the Japan Environment and Children’s Study (JECS)

    著者:Kuroda, Y., et al.
    掲載情報:Journal of Affective Disorders2021 Jan 1;278:244-251.
  8. 7妊娠前カルシウム摂取量と妊娠高血圧症候群の発症の関連についての調査
    原題:Association between pre-pregnancy calcium intake and hypertensive disorders during the first pregnancy: the Japan environment and children’s study
    著者:Kyozuka, H., et al.
    掲載情報:BMC pregnancy and childbirth. 2020 Jul 28;20(1):424.
  9. 6全身性エリテマトーデス(SLE)合併妊娠における産科合併症のリスク
    原題:Risk of Adverse Obstetric Outcomes in Japanese Women With Systemic Lupus Erythematosus: The Japan Environment and Children’s Study
    著者:Murata, T., et al.
    掲載情報:PLoS One. 2020 May 29;15(5):e0233883.
  10. 5エコチル調査データを用いた癒着胎盤のリスク因子についての検討
    原題:Risk factors for placenta accreta spectrum: findings from the Japan environment and Children’s Study
    著者:Hyo Kyozuka, et.al.
    掲載情報:BMC Pregnancy Childbirth. 2019 Nov 27;19(1):447.
  11. 4向炎症食が妊娠週数、出生体重に与える影響について
    原題:Effect of proinflammatory diet before pregnancy on gestataional age and birthweight: The Japan Environment and Children’s Study
    著者:Makiho Ishibashi, et.al.
    掲載情報:Maternal & Child Nutirtion. 2019 Nov 20:e12899.
  12. 3エコチル調査データを用いた子宮腺筋症合併妊娠における早産・低出生体重児・子宮内胎児発育不全のリスクについての検討
    原題:Risk of preterm birth, low birthweight, and small-for-gestational-age infants in pregnancies with adenomyosis: A cohort study of
    the Japan Environment and Children’s Study

    著者:Akiko Yamaguchi, et.al.
    掲載情報:Acta obstetrcia et gynecologica Scandinavica. 2019 Mar;98(3):359–364.
  13. 2初産婦において母体年齢が妊娠週数、出生体重に与える影響についての検討
    原題:The Effect of Maternal Age at the First Childbirth on Gestational Age and Birth Weight: The Japan Environment and Children’s Study (JECS)
    著者:Hyo Kyozuka, et.al.
    掲載情報:Journal of Epidemiology. 2019 May 5;29(5):187-191.
  14. 1エコチル調査を用いた東日本大震災後の福島県における妊娠帰結
    原題:Risk of preterm birth, low birthweight, and small-for-gestational-age infants in pregnancies with adenomyosis: A cohort study of
    the Japan Environment and Children’s Study

    著者:Hyo Kyozuka, et.al.
    掲載情報:The Tohoku jounal of experimental medicine.2018 Sep;246(1):27-33.

追加調査に係る論文

  1. 1パレコウイルスA3型に対する母体血、臍帯血の中和抗体価と周産期因子との関連
    原題:Association Between Neutralizing Antibody Titers against Parechovirus A3 in Maternal and Cord Blood Pairs and Perinatal Factors
    著者:Hiromi Shimizu, et.al.
    掲載情報:Journal of the Pediatric Infectious Diseases Society. 2019 May 20.pii:piz029.

その他(研究報告など)

  1. 8大規模出生コホート調査における精神神経発達検査の実施状況と課題~エコチル調査福島ユニットセンターでの取り組みから~
    著者:尾形優香
    掲載情報:福島県保健衛生雑誌 33巻:52-57頁、2019年
  2. 7福島県における「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」追跡期間の課題と取り組み
    著者:佐藤晶子
    掲載情報:福島県保健衛生雑誌 31巻:25-31頁、2018年
  3. 6小児疫学調査における2歳児を対象とした採血実施状況 福島県における「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」詳細調査から
    著者:佐藤晶子
    掲載情報:福島県保健衛生雑誌 29巻:14-18頁、2017年
  4. 5福島県における「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」~リクルート期間の進捗報告
    原題:The Japan Environment and Children’s Study (JECS) in Fukushima Prefecture – A progress report on the enrollment stage
    著者:橋本浩一
    掲載情報:Fukushima Journal of Medical Science 63巻2号:57-63頁、2017年
  5. 4福島県における「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」
    著者:橋本浩一
    掲載情報:福島県保健衛生雑誌 27巻:28-32頁、2016年
  6. 3エコチル調査への期待と責任(特集(エコチル調査に求めるもの~環境リスクから子どもを守るために~)
    著者:橋本浩一
    掲載情報:化学物質と環境 125 巻:7-8頁、2014年
  7. 2福島ユニットセンターの活動
    著者:橋本浩一
    掲載情報:チャイルドヘルス 年:2014 月:3 巻:19頁:48-49
  8. 1東日本大震災後の福島の子どもたちとエコチル調査ができること
    著者:橋本浩一
    掲載情報:とやま小児保健 10巻:16-18頁、2012年